Statement

Unknown paintings

The “image no one has ever seen before” is inherent in the image we have already seen before. I duplicate on canvas to make it visible.

Duplicating an image is also an act of making a difference. I allow the difference that arise from drawing to be transformed into “image that only I can see”. It’s like stripping away the original meaning and overlay it with the meaning I can give it from my personal background. I believe that the reality of the painting lies in the difference between the same observable image and the image with a different structure.

If painting is something that gives us a different perspective on the world, then it is possible to work of it as a subjective fragment. Our future is woven from these fragments.

 

未見の絵画

「誰も見たことのないイメージ」は、既にこれまで見てきたイメージに内在している。私はそれを表出させるためにキャンバスに描き写す。

描き写すことはイメージをなぞり、複製することである。しかし、同時に差異を生み出す行為でもある。描くことで生まれる差異を許容し、「私にしか見えていないイメージ」へと変容させる。それは本来の意味を剥がし、個人的な背景から与え得る意味で覆い隠すようなものだ。観察できる図像は同じであるが、別の構造を持つイメージとなったその差異の中に私は絵画の実像があると考える。

絵画が世界に対する別の視座を与えてくれるものであるならば、主観的な断片として語ることが可能である。私たちの未来は、こういった断片によって紡ぎ出されるのではないだろうか。

 

2020 / 05 / 26